不動産投資を考えているあなた、妻や夫は理解してくれていますか?

① 不動産投資に興味がある ⇒ 読んで欲しい

② 不動産投資を考えている ⇒ 読んで欲しい

③ ①or②そして、嫁さん(妻)・旦那さん(夫)がいるあなた ⇒ 絶対に読んで欲しい

 

①②③のどれか1つでも当てはまる人は、是非読んでみてください。

 

不動産投資におけるパートナー(妻・夫)の存在・理解・協力って、思っている以上に重要って知っていますか?

 

我が家で最初に不動産投資に興味を持ったのは主人でした。

私には、全く現実味のない世界。

 

先に勉強しだした主人は、私を一緒に無料体験に連れて行ってくれました。

これは初めの一歩としては100点!

 

ただ、無料体験ではまだ拒否反応があった私を、完全に理解させずに、主人は一人で進んだんです。

結局それが、我が家が不動産投資で成功できなかった理由の一つになったのだと思います。

 

でも、老後2000万円問題に、消費税UPに、子どもの学費も、そろそろいい年になってきた両親・・・

一度きりの人生なのに、自分のしたいことも我慢してばかり・・・

 

お金の心配は増すばかりなのに、今の会社では理想の生活、安心できる生活は持てない

もう、政府も会社もアテにできない

自分たちでどうにかしないといけない

この生活から脱却したい!と主人が考えてくれたところまでは良かったのですが‥私たちは不動産投資で、今の生活からの脱却を諦めました。

 

ただ、私たち夫婦がもっと協力しあっていれば、成功できたかもしれません。

 

ファイナンシャルアカデミーはそう思える内容、そして実績のあるスクールでした。

我が家も、テレビで騒ぎになっているような不動産投資で人生がメチャクチャになってしまうようなダメージもなく、諦める事ができたのも、スクールで学んだからです。

不動産投資をしたいなら、嫁さん(妻)・旦那さん(夫)の理解が必要

なぜ、不動産投資に嫁・旦那の理解が必要なのか?

結論・・・

お金が必要だから

 

投資と付くものの中でも、不動産投資は収入になるまでに時間がかかるけど、一番安定して収入を得る仕組みを作れる投資です。

それは、不動産が、『投資』ではなく『賃貸経営』だからです。

でも、『投資』と言われるくらいだから、お金がかかるんです。

 

今は共働き世帯が多い

ということは、金銭面で家族を支えてるのは、自分だけではない

 

お小遣いや、自分の取り分で資金がある場合は別ですが、それでも、万が一(投資に関するトラブルなど)に備えて奥さんや旦那さんの理解は必要です。

基本的に、理解、協力しあわなければ、進められないんです。

遠回りになっても、嫁・旦那の理解に時間を取る

私のように、無料体験に行っても、不安などからすぐに理解できない人もいてます。

でもそこで、あなただけスタートダッシュせずに、待って、話し合ってください。

 

自分が勉強したい気持ちもあるだろうと思いますが、あからさまに、自分だけで勉強を始めるのは我慢してください。

するなら、コソッと・・・

 

それで、少しでも興味を持ってもらえたタイミングで、一緒に勉強してみてください。

 

一緒にファイナンシャルアカデミーに申し込むもよし

ファイナンシャルアカデミーには、投資・お金に関するコースが沢山用意されているので、別のコースを受講するもよし、です。

私が通った時も、夫婦で、不動産と株式と‥という風に、分担して、夫婦の知識量を2倍にされている人もいましたよ。

そうなんです

相手に理解してもらえると、選択肢が増えます

夫婦での情報量も増え、スピードも加速します。

パートナーは嫁・旦那!

特に最初に興味を持っていた方は、新しい世界に飛び込む楽しみ、ワクワク感が止まらないでしょう。

色んな人と知り合ったり、他との繋がりも非常に大事になってきます。

 

でも、一番のパートナーは、是非、奥さんや旦那さんにしてください。

 

結局、最後にはお金が必要です。

一人でそれを賄えなければ、家族で頑張る必要があります。

 

それから、一番厳しい目で意見交換出来るのが、夫婦でしょう。

もし、トラブルや失敗があっても、フォローしてくれるのは奥さんや旦那さんですしね。

 

最強のパートナーは、嫁に旦那です。

夫婦で受講がおすすめ!先行投資でまず勉強

とはいえ、ファイナンシャルアカデミーに同時に夫婦2人で受講は、金額が・・

分かります、分かりますよ

 

でも、家族割や、同時申し込みの割り引き制度があるので、その辺はどちらがお得なのか、よく考えてください。

 

それでも「僕(私)が習って、それを教えてあげる」を選択するかは、これもご夫婦で決めればOK。

 

ただ1つ!

 

やはり、直接講師の講義を聞くのは全然違います

テキストや録画された講義を観るのでは、内容の濃さが違うんです。

 

それは、講師陣が、現役のプレーヤーだからです。

 

経験値も高いから、成功談に勝る失敗談の面白さ・・・

いや、失敗を褒めたらダメですよね。

でも、失敗談も面白く感じてしまうくらい、講師陣の経験値が高いんです。

 

「講師用のカリキュラムを受けて講師になりました~」

「昔、不動産投資してました~」

「今はあまり売買してませ~ん」

 

なんて、薄っぺらい講師陣ではないから、内容が濃くなるんですね。

 

あ、勿論、講師としてのカリキュラムをクリアすることは当然、常日頃のスキルアップもされてると聞いています。

講師としてのレベルは抜群!

 

確かに、対面では東京・大阪が中心になるので、他府県の方は難しいかもしれませんが、

私が通っていた大阪校にも、週末集中講座に泊まりで参加されてる方が沢山いました。

交通費に宿泊費を出してでも、聞きたい講義なんですよね。

 

ちなみに、今はZOOMでのネット講座もあるらしく、随分と参加しやすくなっているようですよ。

 

とはいえ、とはいえ・・・

 

いきなり高額な費用を出す勇気がないなら、無料体験だけでも、ぜひ夫婦2人で受けてみてくださいね。

 

まず、動いてみないと、不動産投資を習うってどんな感じか、想像できませんもんね。

正しい知識は強い

でもやっぱり、金額に二の足を踏みたくなりますよね。

 

不動産投資は、少し前の、まだ聞き馴染みが少なくて、胡散臭いものだと思われていた頃より難しくなってきています

情報もあちこちに転がっているくらい、正しいものから、怪しいものまで簡単に手に入れられます

 

では、どの情報がが正しいか、分かりますか?

その情報は、今、使えますか?

 

もし、今使える正しい情報だったとしても、現在進行系で動いています。

このコロナ禍でも状況は変わってきています。

 

しかも不動産投資って、車の運転のように若葉マークつけてれば、ちょっと安全に運転させてもらえる・・・なんてシステムはないんです。

プロもアマも、同じ土俵です。

逆に、ベテランの方が優遇されちゃったりします。

 

だから、正しい知識、勉強、実践法を学ばないといけないんです。

 

成功すれば、理想の生活ができるかもしれません。

成功すれば、将来への不安を軽減できるかもしれません。

 

ただ、失敗の中でも、間違った失敗をしたら、人生をやり直すことも難しいかもしれません。

 

正しい知識は、家族を守ることにもなるんですよ。

知識は、人生にも使える

『住む場所』という、生きていくのに必要なもの。

だから、不動産投資の勉強って実は、自分達の生活にもとっても役立つものなんです。

 

自分達の家をどうするか・・・

買う?

借りる??

貸す???

 

知識は、一戸建てを買う、マンションを買うという夢だけではなく、将来に繋がるステップアップをしたい時にも、選択肢が広がる。

自分で選択して決めるのにも使えます。

 

親が住んでいる家の継ぎ方、処分法、リフォーム方法まで使える知識なので、知ってしまうと、親のやってることにも口出ししたくなりますよ。

 

私の身近でも・・・

 

主人の両親は、古い、でも好立地な場所にマンションを持っていました。

厳密には、空き家で管理費だけ払い続けて、放置していました。

それを、義父が捨て値で売り払ったんです。

 

もう、どれだけ悔しかったか

 

リフォームして綺麗にしてから売る

リフォームして賃貸に出す

今の不便なマンションから、移り住む

 

決して捨て値で処分されるような物件ではありませんでした。

 

あー、悔しい!!!

 

・・・ということも、避けれるんですよね。

 

絶対に、勉強しないとダメですよ。

知識あった人勝ちです。

ファイナンシャルアカデミーを勧める理由

利益が授業料だから

販売や仲介は一切ないので、100%勉強だけできる、本当に学校なんですよ。

 

逆に、スクールで物件は買えません。

買う物件を探す方法から学べますが、自分で不動産屋さんに行って買います。

 

カリキュラムは体系的にまとまっているので、ネットでウロウロ、本屋でウロウロするより、正しい知識を学び、仕組みの構築方法、そして自分で不動産投資ができる力の付け方を教われます。

 

創業者や有名講師の情報はここでは割愛・・・ファイナンシャルアカデミーのホームページに嫌ってくらい紹介されているので、次の機会にします。

が、

束田先生の講義は30万円の価値ありなので、受講をするなら、要チェックです!

他にも沢山いる講師陣は、ナンチャッテの寄せ集め講師ではなく、現役のプレーヤーで経験も豊富、さらにファイナンシャルアカデミーの厳しいハードルをクリアした講師ばかり。

 

教室受講は場所が限られてますが、私が通った大阪校に名古屋や、東京の人も泊りがけで受講に来てたくらい、生講義は本当に面白いですよ。

ファイナンシャルアカデミーが合わない人もいる

行動しない人

物件を紹介してくれるスクールではないので、講義内容や、宿題を使って自分で動かないといけません。

 

自分で判断しない人

こちらも同じで、物件を紹介してくるわけではないので、最終的にはスクールの知識を使って自分で判断しなければなりません。

 

主人・・・動いた人

     物件が買えました

 

私・・・・動かなかった人

     マイナスにはなりませんが、プラスにもなりません

知識はこれからも使えます

不動産投資をしたいなら、嫁・旦那とファイナンシャルアカデミーに行ってみよう

我が家は、2人で不動産投資の学校に通いました。

確かに、私の分の授業料は無駄だったかもしれません。・・・毎月お小遣いから家計に返済しました(笑)

主人は、行動派で、不動産投資を本気でやりたいと思っていたから、講義の度に出される課題をコツコツとこなしていましたし、早速物件を購入していました。

私はというと、勢いや、主人に取り残された感や、何となく面白そうって気持ちで受講していました。

ちょっと私の気持ちが足らなかったのだと思います。

自分の行動力のなさから、主人の足を引っ張ってしまい、うまく共同作業といきませんでした。

 

でも、ここが踏ん張りどころだったのかもしれませんね。

不動産投資をしたいと思っているあなたは、ぜひ、躊躇している奥さん・旦那さんと距離を近づけてください。

 

ここ、面倒かもしれませんが、大きなお金を動かすんです。

最初のお金が出ていくばかりの状況は、特に初心者には、まぁまぁキツいです。

覚悟が必要です。

 

ちなみに、今私たちが持っている物件は、黒字経営できています。

あと、数年経って、売却した時にかかる税金が安くなるタイミングで売却する予定なので、また、ファイナンシャルアカデミーで習った知識が活躍します。

 

ただ、私達は、不動産投資を続けない選択をしました。

 

それは、思い描いていた世界、ネットで華々しく語られているサクセスストーリーが自分たちの現状で無理だと判断したからです。

 

失敗・・・だったといえば、そうかもしれません。

ですが、日々、ニュースや特集番組で出てくる、『不動産投資で人生がメチャクチャになってしまった人たち』のようにはなっていません。

 

それは、正しい知識を得たからです。

 

そして、不動産投資の勉強ができただけでなく、投資をする時のマインド、消費者以外の視点、思考、将来待っている問題の対応方法・・・

人との喋り方、コミュニケーションの取り方まで学ぶことができました

 

確かに、高いと思います。

ポンポ~ン!と出せる金額ではないかもしれません。

が、人生がボロボロになるような出費ではありません

 

正直、私だけ見れば、失敗だったようにも思えます・・・主人がしっかりしてる人なので、私は付いていくだけで精一杯なんです(笑)

ただ、無駄な経験にはなりません

これから先、役立つ場面が沢山あるでしょう。

 

まずは、夫婦2人で無料体験を受けてみてください。

 

大丈夫ですよ。

 

確かに、授業料で運営されている会社なので、申込みの案内はされますが、しつこい勧誘はありませんでした。

いきなり、『この物件~』とか『ローン組め~』とか、怖い事は待っていません。

逆に代表の泉さんの本をお土産に貰えたり、本申込みの割引特典を受けれたりします。

30日間の受講料返金制度もあるので、安心して申し込んで受講してみてください。

 

もしかしたら、誘った奥さんや旦那さんの方が興味を持ってしまうかもしれませんよ(笑)

 

行動しなければ、何も変わりません。

傷も負いませんが、前進もしません。

 

無料の体験だけ!と心に決めて受ければ、タダですし。

別に命にも関わらないので、ご安心。

 

これが夫婦で将来のことを話し合うきっかけになりますし、奥さんや旦那さんが不動産投資でもパートナーになるかもしれませんよ。

 

今、興味がある、してみたい、と思っているなら、動かないと手に入れることは出来ません

そして、それは正しいものでないと、人生がボロボロになるような未来が待っているかもしれません。

 

投資にはリスクがあります。

でも、回避する方法があります。

投資をギャンブルにしないために、ぜひ、ご夫婦で正しい一歩を踏み出してくださいね。

タイトルとURLをコピーしました